子供の料理教室

ミラクルフルーツで

糖質にさようなら

スクリーンショット 2021-07-07 17.08.28.png

1725年探検家シュヴァリエ・デ・マルシェにより原産地である西アフリカで発見された。デ・マルシェは現地の人々が食事の前にこの果物を採って噛んでいる事から、ミラクルフルーツの存在に気付いた。

この実を食べると、ミラクリン分子が味蕾に結合し、次に食べた苦味酸味のある食べ物(レモンライムなど)および薬剤を甘く感じさせる。この効果は三十分から二時間程度持続する。ミラクリン自体は甘味料ではなく、感じる甘味は後続の食べ物に左右される。そんな奇跡のの様なフルーツで食事の概念から未来の健康を変革出来るかもしれない。

WE CARE

今からできる事

​大切な人の未来は変わる