top of page

減量を楽しみと快適に

好きなものを我慢するのではなく、健康で好きなものを探す。



何かを完全にやめるのは根気と時間が必要ですよね。ジムに通ったり、早起きをする行動は生活の範囲や時間枠そのものを変える必要があり、想像しただけで持続できるか心配になりますよね。実際にジムに1年間通い続けることのできる人は全体の1割りと言うデータも出ているそうです。そういった高難易度の挑戦の前に食を変えるのはいかがでしょうか。飲み物をミルクティーからお茶や水に変えるだけでも大きな変化は訪れます。飲料水500ml には角砂糖が12個、スポーツドリンクには7個、ジュースには15個と角砂糖は山の如く含まれています。角砂糖は1個に対して5gの重量があります。1日の理想の摂取量は、子供4個20g 、大人 8個 40gです。と言う事は、飲み物1本で基準値を超えてしまいます。ここでミラクルフルーツタブレットという素晴らしい選択肢があります。飲み物から得ていた糖質を糖質カットの飲み物または水に置き換えて、ナチュラルな食事から糖質を満足のいく様に摂取すれば理想的にお腹も減らずに健康体へと向かうことができます。



砂糖とごはんは同じではない?


「一体何が違うのでしょうか? 」


糖質を含む代表的な食品としてごはんや麺類があげられますが、砂糖と何が違うのでしょう。それは、同じ 糖質でも体に吸収されるスピードが違います。でんぷんが主の糖質とするごはんに比べ、砂糖は吸収速 度が速いので血糖値が素早く上がります。そのため、大量にインスリンを使うので、すい臓の負担が大 きくなります。同じエネルギー(カロリー)でも体への影響が大きく違うのです。砂糖が含まれている 代表格としてお菓子やジュースなどがありますね。ここまで聞くと、飲料としての糖質はとてつも無くデメリットを感じますよね。まずは、飲み物はお茶やお水にしてそこから好きなものを食べる準備を始めましょう。


効率よりも続けられるかが大切


「身体は、3ヶ月で生まれ変わる?」も記事がお役に立ちます。



ミラクルフルーツの魅力、今なら間に合う。

「家族と家族はすごく似る、ペットまで似てしまう」

生活習慣は、体質を作ります。体質はさらなる欲求を生み出します。砂糖は、達成感や幸せを感じる為のホルモンを強制的に分泌させます。その中の「ドーパミン」は、興奮を覚え、「セロトニン」は、多幸感を感じさせます。なんだか脳内麻薬の様ですよね。 その様に快楽と糖質を身体に蓄えると内臓、血管、脳と健康を破壊し、達成感やストレス発散を 砂糖やアルコールから摂取するように脳はプログラムしてしまいます。これはあなたの責任では決してありません。世の中の食品の仕組みそのものの間違った方向への主義なんです。食品は身体を作るものよりも食品は依存し不健康なものの方がコストも抑えられ、さらに楽に販売ができるのです。またまた大袈裟なとお思いの方もそうでない方も、砂糖の実験を兼ねた、こちらの映画は面白いですよ。






早速始めよう


まずは1粒から試してみましょう!

試す!


オススメのおやつや朝食などのレシピはこちら!

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page